Study abroad

感性が豊かな思春期に留学に行くのがベスト

色々考えている女性

わたしは高校2年の夏から1年間、高校を休学して1年間アメリカに高校留学しました。一緒に過ごしてきた友達と離れ離れになることと、休学のため帰ってきた時にはその友達と学年がひとつ変わってしまうことが不安で迷いもありましたが、思い切って決断しました。
その決め手は、留学しようと思ったらいつでもできるのですが、わたしはいろんなことを吸収できて、感性が豊かなときに留学したいと考えたからです。高校生という、思春期真っ只中はいろんなことに敏感で日々多くの感情を味わいながら成長していきます。そんな年頃に、異国の文化に触れ人々と出会い、全く違う生活の中に自分を置くことで今見えないものが見えてくる気がしました。
わたしはアメリカの高校に1年間単身留学という形だったので交換留学などを行なっている高校ならば休学する必要はないと思いますし、学校に相談して成績などを考慮された結果によって留学が決まります。
私の場合は、単身語学留学だったので全て自分で調べて、そういった斡旋をしてくれるところに登録して準備を進めました。ある程度の英語の勉強をしていったつもりですが、現地で学んで行くことがほとんどで、日本で学んでいった英語はほとんど生かされませんでした。現地の方と積極的に話すことが1番の早道です。
そうして一年過ごし、わたしの価値観や人生観は大きく変わりました。留学するなら、若いにこしたことはありません。

NEW ARTICLE

勉強している学生

高校留学をするメリットは何か

みなさんも高校留学と聞いて悪い事だとは思わないと思います。ですが、大生の親…

≫readmore
笑顔の女性

誰もが高校留学できるわけではない

高校留学を容認している高校は、そのほとんどがお金に余裕がある私立高校のはず…

≫readmore
女性たち

高校留学の意義

高校留学が今、急増しています。中でも現地の高校生に混じって海外の高校で学ぶ…

≫readmore